検定・試験

どうでしょう?少しは韓国語に慣れてきましたか?

学習の目標に、腕試し?あるいは、できるんだぞって証拠に?

自信がついてきたら「検定」に挑戦してみましょうか?

 

検定にもいくつかあるので、主なものを簡単にご紹介します。

 

●「ハングル能力検定」

特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会が主催しているもので、

日本のみで実施されています。

評価は5~1級で、級数が小さいほど難易度が高くなっています。

ちなみに5級レベルは「60分授業を40時間受講した程度。」

単語数450語前後だとか。毎日1時間勉強したとして40日間。

う~ん、なんだかいけそうな気がしてきませんか?

ハングル能力検定のサイトには合格者の体験談なども載っているので、

参考にしてみてください。

 

●「韓国語能力試験」

財団法人 韓国教育財団が、主催しているもので日本だけでなく

アジア、アメリカ、ヨーロッパなどで実施されているそうです。

評価は初級(1/2級)、中級(3/4級)、上級(5/6級)となっています。

日本での一般的な評価である1級が難易度が高いというわけではないのでご注意を。

 

●「韓国語レベルテスト」

韓国語レベルテスト協会主催で、日本、韓国、中国で行われています。

評価は点数。

いずれも、問題集が市販されているので、

チャレンジされる方は是非 問題演習を。

日程、その他詳細については主催団体のサイトなどでお問い合わせくださいませ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全然韓国語が話せなかった32歳主婦が、『たった53日』で韓国映画を字幕無しで理解できるようになった理由

韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】

 

韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】

 

 

このページの先頭へ