発音(基礎)

韓国語の学習で最も難しいと言われているのが発音です。

ここでは、発音(基礎)として母音と子音を覚えましょう。

 

発音の基礎となる母音は主に10個母音と、

9個の基本子音から成り立っています。

 

さらに、母音の中には2つの母音を組み合わせた複合母音があり、

子音はさらに平音(日本語に近い)、

濃音(大きく息を吐く感じで発音する)、

激音(息はもれず、喉の奥をしめる感じで発音する)に分けられます。

 

当然日本語にない発音がたくさんあるので、

焦らず覚えていってくださいね。

 

■まずは、基本母音から

ㅏ 日本語の「ア」に近い

ㅑ 日本語の「ヤ」に近い

ㅓ 日本語の「オ」に近い

ㅕ 日本語の「ヨ」に近い

ㅗ 唇を丸めて前に突き出して「オ」と発音する

ㅛ 唇を丸めて前に突き出して「ヨ」と発音する

ㅜ 唇を丸めて前に突き出して「ウ」と発音する

ㅠ 唇を丸めて前に突き出して「ユ」と発音する

ㅡ 口を横に開き「ウ」と発音する

ㅣ 日本語の「イ」に近い


■次に子音について説明します。

ㄱ 日本語のカ行に近い

ㄴ 日本語のナ行に近い

ㄷ 日本語のタ行に近い

ㄹ 日本語のラ行に近い

ㅁ 日本語のマ行に近い

ㅂ 日本語のパ行に近い

ㅅ 日本語のサ行に近い

ㅇ 無声子音

ㅈ 日本語のチャ、チに近い

ㅊ ㅈの激音

ㅋ ㄱの激音

ㅌ ㄷの激音
ㅍ ㅂの激音

ㅎ 日本語のハ行に近いが語中では弱くなる

ㄲ ㄱの濃音

ㄸ ㄷの濃音

ㅃ ㅂの濃音

ㅆ ㅅの濃音

ㅉ ㅈの濃音

 

■最後に複合母音です。

ㅐ 日本語の「エ」より口を広げて「エ」と発音する

ㅒ 「イェ」と一気に発音する

ㅔ 日本語の「エ」に近い

ㅖ 「イェ」と一気に発音する

ㅘ 日本語の「ワ」に近い

ㅙ 「ウェ」と一気に発音する

ㅚ 「ウェ」と一気に発音する

ㅝ 「ウォ」と一気に発音する

ㅞ 「ウェ」と一気に発音する

ㅟ 「ウィ」と一気に発音する

ㅢ 「ウィ」と一気に発音する(ウは母音の「ㅡ」)

 

文字で書いただけでは、分かりづらいので

機会があればCDやドラマ、映画など、どんどん聞いてくださいね。

基礎の基礎なので、ここだけはしっかりマスターしてください。

 

この母音と子音がしっかりできていないと

後で説明する発音の変化でつまづいたり、

せっかく韓国語を口にしても相手に通じず

「もう韓国語なんてヤダ」ということにもなりかねません。

 

韓国語の発音は日本語よりも口の動きが大きく、

慣れないうちはこわばってスムーズに発音できませんが、

一に練習、二に練習。恥ずかしがらずに

大きく口を開けてきれいな発音と同時に小顔も手にいれちゃいましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全然韓国語が話せなかった32歳主婦が、『たった53日』で韓国映画を字幕無しで理解できるようになった理由

韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】

 

韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】

 

 

このページの先頭へ